English

知能情報処理研究室 但馬グループ

トピックス

2019年7月19,20日
第42回 ゲーム情報学研究会にて発表を行いました。
  • 伊藤那智:お邪魔者における妨害カード提出戦略とその評価関数
  • 大畑佳介:「お邪魔者」における通路作成ヒューリスティックの検討
2019年7月20日
オープンキャンパスにて展示を行いました
2019年5月29日
OPUフォーラムにて展示を行いました
2019年4月10日
新4年生顔合わせ
2019年3月22日
卒業式
2019年2月8日,13日
修論発表会,卒論発表会
2018年11月24日
第13回コンピュータ大貧民大会 (ライト級)において優秀な成績を収めました。 (県大ニュース)
  • 村田弘 :優勝
  • 川本悠人:敢闘賞
2018年11月17,18日
第20回 IEEE広島支部 学生シンポジウムにて発表を行いました。
  • 川本悠人:コンピュータ大貧民のニューラルネットワークによる着手評価における入力要素の比較
2018年11月3日
学園祭にて研究室公開を行いました。
2018年9月19日
第17回情報科学技術フォーラム(FIT2018)にて発表を行いました。
  • 岡田龍人:ニューラルネットワークによる献立調理時間の推定
2018年7月21日
オープンキャンパスにて、体験講義および研究室公開を行いました。
2018年5月29日
OPUフォーラムにて展示を行いました。
2018年4月11日
新4年生顔合わせ

過去のトピックス

研究概要

本研究室では、情報工学の中でも知能処理および人工知能と呼ばれる分野の研究をおこなっています。 主な研究テーマは以下のとおりです。

テキストマイニング、自然言語処理

近年、ブログや「つぶやき」などインターネットの普及とともに誰もが手軽に情報発信できるようになり、 その分類と選択は重要な課題になっています。 大量のテキストデータを自動で理解するための基礎として、以下のようなテーマに取り組んでいます。
  • 話題の理解とテキストのモデル化
  • 文書の書き手の感情理解
  • レシピサイトの情報処理

ゲームのアルゴリズム

チェスや将棋などのゲームにおける、いわゆる「思考アルゴリズム」の研究です。 ゲームの分類や次の一手を探す方法の違いにより、以下のようなテーマが挙げられます。
  • 二人ゲームのより良い評価関数の自動生成
  • モンテカルロ法によるゲーム木探索
  • 多人数ゲームに対する手の選択

機械学習のアルゴリズム

コンピュータが物事を学習する原理を考える研究分野は、機械学習と呼ばれています。 この分野でも特に文法推論と呼ばれる、形式言語を獲得するアルゴリズムを主テーマにしています。
  • 形式言語の質問による学習
  • 教示可能性(teachability)
  • 統計的学習手法と文法推論